葉音、永眠

話しが前後します。
ロア君のトライアル期間中でしたので
なかなかこの記事をアップできずにいました。

ロア君がトライアルへ行った3日後
葉音が亡くなりました。
私が気が付いた時にはもう手の施し様がなかった。

呼吸がおかしい?
と、思って病院へ連れて行った。

心臓に水が溜まっています。ここでいう水とは私たちが普段から飲んでいるような水ではなく
血液や心嚢液といった体内で作られた液体のことです。
との説明。

今日は、呼吸を楽にするようにと点滴を打ち
明日、水を抜きましょう。ということでした。
でも、その日のうちに葉音は亡くなってしまいました。

何でもっと早くに気が付いてあげられなかったのだろう・・・
急にこんなことになるなんて!!!
ずっと前から病気を患っていたのだろうか?
前日までは元気だったのに。

毎回、おこなう血液検査や検便、フィラリア検査など何も問題はなかった。
それとも、徹底的にありとあらゆる検査をしていれば良かったのだろうか?
そうすれば、病気に気が付いてあげられたのか?

命の重みを感じました。

ルナ・ルリが決まるまでは絶対に頑張ると心に決めた昨年の夏。
できるだけ多くの子を助けようと考えていました。
命を軽く考えていたのかもしれません。

1月にリコちゃん。 3月に葉音・・・
ふたりとも我が家に滞在は2週間。
もっと私を困らせてくれても良かったのに
介護でも何でもしたよ。
あっけなく亡くなってしまった。

2月に職場のエンジニアが
工場で倒れ意識不明。
救急車で運ばれ、そのまま意識が一度も戻ることなく
1週間後に亡くなってしまった。
黙々と働く腕のいい職人さんだった。
こんな、あっけなく死んでしまうんだって思った。
その方が今日、誕生日。
生きていたら51歳。
まだ死ぬ年ではないのに・・・

私の周りの大切な人やワンコが次々に亡くなっていく・・・
心の整理もつかぬまま情緒不安定。
でも、我が家にはたくさんワンコがいるのだから
しっかりしなくては!!!


a0332203_00072290.jpg

もう、1週間前に火葬は済ませました。
うちの子としてアラシ、リコの隣に今おります。

ビビりさんで、とっても控え目な可愛い子でした。
冷たい床にしか寝なかったけど
ベットの暖かさを覚えたよね。
お散歩ができなくて外へ出ると固まっていたけど
徐々に歩けるようになったよね。
これから沢山、楽しい事を覚えていく
そんな矢先に

葉音さん、ごめんね。そして、ありがとう。


by laralara851 | 2017-04-04 00:29 | 葉音